遺族を思いやる葬儀と通夜の知識

葬儀や通夜は故人の尊厳

人間は必ず死を迎えます。元気に働いている人もいつかは病気になったり,事故にあったりして死んでしまいます。この死を迎えたときには葬儀を行うものですが,その前に通夜をしなければいけません。この通夜は本当に大変ですね。葬儀屋に依頼すればまだその忙しさは軽減されますが,もし,自宅で通夜をする場合は家族だけでは不可能です。だから,昔から,隣近所の人にお願いして通夜や葬儀をしていたのだろうなと考えます。村八分という言葉がありますね。村人から遠ざけられ村の行事等にも参加できない家族のことですが,葬儀だけは手伝いをしてもらったそうです。それだけ死に対しての尊厳が合ったのでしょうね。

さて,葬儀は葬儀屋にとう現代の風潮となりましたが,それでも人のつながりはきれません。通夜の時にも多くのひとがお悔やみに来てくれます。だからこそ,残された家族は心が安らぐのです。これが,家族だけで密葬にするとなったら,お金はかかりませんが,ちょっとかなしいですね。葬儀は結婚式よりも重要なことだと考えるからです。結婚式は一生のうちで何回でもできますが,葬儀は一度限りです。だから,一世一代の行事なのです。人によっては自分の葬儀の計画を事前に決めて置いてそれを葬儀屋と打ち合わせる終活とうものがあるそうですが,それも良いと思います。どんな葬儀をするのかとか,少しでも遺族に負担を掛けないとかという意味では。だから,それを実施するひとは素晴らしいと思います。

関連リンク

Copyright (C)2019遺族を思いやる葬儀と通夜の知識.All rights reserved.