遺族を思いやる葬儀と通夜の知識

通夜と葬儀にかかる費用

先日父が亡くなりました。生前の父の遺言で葬儀は家族葬で執り行いました。葬祭場の一番小さい部屋を貸しきって、兄弟、親戚のみのこじんまりとしたものでした。家族葬だったので祭壇はコンパクトに、父が「葬式はお金がかかるからなるべくかからないように」と言っていたので、華美なことはせず、なるべく費用がかからないようにしました。おかげで葬儀屋に払う費用は何とか香典から出すことができました。

しかし費用はこれだけではなく、通夜と葬式でお寺の住職の方にお経を読んでもらい、戒名をもらうのに、30万〜50万円のお布施がかかるとのこと。その金額に私は驚きました。葬儀屋の担当者に聞くと一般的な金額だとのこと。そうなんですね。全然知りませんでした。地域によって多少は違うでしょうが、葬式にお金がかかるって本当ですね。父方のお墓はお寺にあるのでお願いしないわけにいかず、30万ぴったりをお布施として住職に渡しました。葬式ってお金がかかるのだと痛感しました。どんなに小さい葬式をやったとしてもお寺のお墓に入る場合は葬儀費とお布施を合わせて最低でも100万前後はかかります。それが常識のようです。

お寺に墓がある以上、亡くなった時はお金がかかり、それは残された家族が払うわけで、自分の子供たちにそんな負担をかけたくないな、と心底思います。そのためにはある程度の貯金を残したり、お寺が関わらない無宗教の墓に入ったり色々調べてみたいと思いました。まだ私は40才そこそこですが父の死をきっかけに自分の事も考えるようになりました。

関連リンク

Copyright (C)2019遺族を思いやる葬儀と通夜の知識.All rights reserved.