遺族を思いやる葬儀と通夜の知識

出席した通夜、受け入れられない葬儀

私はもうすぐ30歳になる男です。今までに葬儀に出席した経験はほとんどありません。幸い私の親族は皆元気でほとんどが元気に生きております。しかし、私にも葬儀に出席する機会がありました。職場の同僚が死んだときの話です。

人の死は唐突に訪れるものです。本やドラマではよくそう書かれていますが現実に体験してみて実感できました。ある日の休日、私は一人でインターネットカフェでのんびりと漫画を読んでいました。すると職場の先輩から急に携帯電話から着信がありました。いつもならば漫画を読んでいることに夢中になっているので後でかけなおせばいいや、と思うところでしたが、そのときは何故だか電話を受けなければいけない気がしました。電話に出たら、なんと職場の同僚が不慮の事故で死亡してしまったということでした。あまりにも唐突だったので私は事実を受け止められませんでした。しかし、時は流れていきます。翌日に通夜が行われました。出席して遺影が飾られています。その時に死んでしまったことが納得できました。しかし、理解することは未だに出来ていません。電話をかければ電話に出てきてくれそうな気がします。私は直接一緒に仕事をしたことがなく、車で一緒に遊びに行ったこともある仲だったのでやはり寂しい気持ちに襲われました。自分の周囲の人が死んでいなくなってしまうというのは初めての経験でした。人が唐突にあっけなく死んでしまうことの無情さに残酷な現実を見ました。

関連リンク

Copyright (C)2019遺族を思いやる葬儀と通夜の知識.All rights reserved.